現代人に多いうつ病【薬による治療が効果的】

お医者さんに相談してよかった
カウンセリング

心の負担を軽くしよう

仕事や人間関係において、様々なストレスが掛かりそれが大きな負担となっている人が多くいます。中にはそれが原因の一つになりうつ病を発症してしまう人もいるでしょう。そんな時はきちんと病院に通い、薬物治療など行ってもらいしっかり改善することが大切です。

View Detail

女性

精神不安定な人への接し方

うつ病患者を「頑張れ」と言う言葉で励ますべきではないのは、その言葉が患者をますます追い詰めることに繋がるためです。周囲の人間は患者の努力を認める言葉を掛けましょう。また抗うつ薬を服用する患者の不安を理解することも大切です。

View Detail

男性

病気を認めたくない

うつ病は心の弱い人の病気ではなく、きっかけさえあればだれでもかかる病気です。治療は抗うつ剤や向精神薬による薬物療法を中心に行っていくのが一般的です。処方された薬はきちんと飲んで、勝手に途中でやめないようにすることが大切です。

View Detail

薬

効果的な治療方法

万が一自分がうつ病になってしまったとしても、自分に合った正しい治療法を行えば回復に向かっていきます。今は薬を服用して行う治療法もあり、以前よりもうつ病に関する医療も進歩しているので臆することはありません。

View Detail

病院の内服治療で改善へ

服用

進化を続ける抗うつ剤

いつまでも気分が落ち込む状態が続き、やる気も起きないうつ病は、精神科や心療内科を受診することで、内服療法によっても治療に取り組めます。病院で出されるうつ病治療薬には多彩な種類もありますが、それぞれの症状に合わせ、医師が処方薬を決めてくれるのが一般的です。比較的歴史の長い処方薬には三環系の抗うつ剤があり、非常に高い作用を持っています。ですがこの薬は副作用も強いため、今では最初に使用することは少なく、ほかの種類の抗うつ剤で効果が出ない時など、難しい症例の際に処方されるケースが殆どです。そして三環系の抗うつ剤の副作用を考慮して、安全性を強化して作られたのが、四環系の抗うつ剤となっています。副作用が少ないぶん作用はマイルドですが、効果が出るまでの期間では短縮化が図られており、概ね三環系の半分ほどの期間で効き目が見られることもあります。四環系の抗うつ剤は、うつ病の治療薬としては効果が弱いものの、睡眠の質を高めて深い眠りへと導く効能があるため、不眠を伴ううつ病に用いられる抗うつ剤です。それらの三環系と四環系の抗うつ剤は、セロトニンやドーパミン、それにノルアドレナリンといったヒトの気分に大きく作用する、神経伝達物質の吸収や分解をブロックする働きを持っています。うつ病は神経伝達物質が体内で減少することも要因とされておりますので、その消失を抑えて増やすことで治療に役立てる仕組みです。一方、三環系の抗うつ剤で副作用が強いのは、神経伝達物質以外にも働きかけてしまうことが挙げられています。そこでその課題を踏まえ、神経伝達物質のセロトニンだけに作用するように作られたのが、選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。SSRIとも呼ばれるこの薬は、作用対象を絞っていることから、三環系のような強い副作用が減っており、効果もきちんと望めるようになっています。セロトニンは不安感や、落ち込んだ気分の改善に働きかけますので、病院では最初に処方される場合も多い抗うつ剤です。さらに、やる気を起こさせる効果も期待できるのが、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬になります。これはセロトニンに加え、ノルアドレナリンの増加も目指した薬ですが、副作用が少なく効果もあることから、この抗うつ剤も最初に選択されるケースが多いうつ病治療薬です。また、ノルアドレナリンは心因性からくる痛みの低減にも作用するなど、その症状を伴ううつ病にも効果を期待できるため注目されています。