現代人に多いうつ病【薬による治療が効果的】

婦人

精神不安定な人への接し方

女性

周囲の励ましはタブーか

「うつ病で苦しむ人に『頑張れ』と言ってはいけない」ということは、患者への接し方でよく聞かれる言葉です。しかし「頑張れ」が患者にとってタブーな理由はどこにあり、またうつ病の患者にはどう接すればいいのでしょうか。この言葉を言ってはいけない理由として考えられるのは、うつ病患者は「自分自身を肯定する気持ちが低い」ことです。うつ病になりやすい人には、仕事や日常生活で完璧を追求し、自分を追い込んでしまいがちであるという特徴があります。その結果精神が疲弊している状態がうつ病であり、「限界を超えて頑張った」ことで「頑張るためのエネルギー」が非常に低下している状態とも言えます。そのため、「頑張れ」という言葉は例えば、患者にとって「今の自分は頑張っていない」と捉えられかねません。これは患者にますますプレッシャーを与えて追い込むことに繋がります。うつ病患者には「頑張れ」よりも「頑張っているね」など、現在の患者自身を認める言葉を掛けることをおすすめします。もしくは「一緒に頑張ろう」や「具体的にこんなことを頑張ってみよう」など、一方的に患者へ努力を強いない形の励ましなら、あまり余計なプレッシャーを与えることは無いでしょう。うつ病ではない人と自分を比べて劣等感や焦りを感じ、「自分を理解できる人はいない」と考えてしまう患者は多く存在します。そんな時に自分とは異なり、日常生活を問題なく送ることが出来る人に励ましを受けても、受け入れがたい気持ちはどうしても感じてしまうものです。「頑張れ」と必ずしも言ってはいけないという訳ではありません。しかし、大切なのは患者の目線に立って励ますことです。また必ずしも励ましの言葉が欲しい人ばかりではないことに配慮しましょう。うつ病の治療では多くの場合投薬を行いますが、この時の患者への接し方にもポイントがあります。まず、抗うつ薬を服用した場合、副作用として頭がボーッとする、だるいなどの症状がでることがあります。うつ病患者は小さな出来事でも心に大きな負担を抱えてしまう可能性が高いため、周囲の人間がその薬についてよく把握して、その症状は薬が効いている証拠であると教えてあげることが必要です。またあまりに不安を感じて薬を拒否する場合には、無理に飲ませない方が良いでしょう。うつ病の治療に大切なのは、患者が精神的な負担から解放されることです。周囲は薬への不安を理解している姿勢を示しつつ、一方で突然過剰な摂取を行わないよう、患者に代わって薬の管理を行いましょう。